自然なお通じでスッキリ

 下剤と便秘薬の違いを調べてたら、意外な事実を知りました!

便秘薬と下剤は微妙に違うという薬剤師さんもいらっしゃいますが、いろいろ調べてみると大差ないことが分かりました。
ビタミン剤と栄養剤程度の違いしか無さそうです。
ただ、下剤には色々な種類があることが分かりました。

 

本来は、便秘の症状や原因になる場所に合わせて薬を使うのが良いようです。
便秘に下剤は効く!だから、つい使ってしまうけど、実は副作用が大きい事も周知の事実です。
出来れば使いたくない下剤ですが、正しい知識を持っていた方が良いのではと考えました。

 

下剤の種類

刺激性下剤

腸粘膜を刺激し、ぜん毛運動を促進し排便させる薬です。
大腸に刺激を与えるものと、小腸に刺激を与えるものがあります。
大腸に刺激を与えるものが、市販薬では一番多い便秘薬(下剤)です。

 

大腸に刺激を与える薬

市販薬:コーラック・コーラックソフト・スルーラック・ビューラック・サトラックスエース
処方薬:大黄・センナ・ラキソベロン

 

小腸に刺激を当たる薬

ひまし油など

 

機械性下剤

便に水分を含ませたり、嵩増しするなどをして柔らかくし、排便を促す薬。
【膨張性下剤】【塩類下剤】【糖類下剤】【浸潤性下剤】に分かれます。

 

膨張性下剤

寒天などが主成分。それに水分を吸収させ、便を膨張させる。即効性はない。
市販薬:ウィズワン・サトラックス
処方薬:バルコーゼ

 

塩類下剤

大腸内の水分を増やす、便を柔らかくする。
有効な成分は、酸化マグネシウム。

 

糖類下剤

塩類下剤と同じような効果で排便を促す。ただし、善玉菌を増やす効果に優れている。
市販薬:オリゴ糖・マルツエキス・麦芽糖
処方薬:モニラック

 

浸潤性下剤

界面活性剤が主成分。便の内部に水分が浸透しやすくする効果。
市販薬:コーラックU・スルーラックプラス
処方薬:ビーマスS

 

 

 

 

 

 

 腸が真っ黒! 怖い下剤の副作用

便秘が続くと、憂鬱なことが沢山あります。
だから、とにかく出してしまいたい!と言うのが本音ですよね。
手軽に排便できる下剤に、だんだん頼ってしまって、下剤依存症になったらどうなるか・・・

 

下剤は癖になった怖い!と聞いたこと、ありますよね?

 

下剤の副作用

  • 選ぶ下剤が合わない!腹痛・下痢・吐き気
  • 自分がどういう便秘で、どの薬を選べば良いかを考えず、テレビCMなので知っている薬を選んだ結果
    激しい腹痛や、我慢できない下痢、時には吐き気まで・・・最初から強い薬は避けましょう。

     

  • 知らないうちに起こる脱水症状
  • 腸内に水分を溜める、便に水分を浸透しやすくする成分は、結局体内の水分を集めるという事です。
    続けて使用すると、必要な水分を知らず知らず排泄してしまうことになり
    気が付くと、脱水症状が出ているという場合があります。

     

  • ビタミン不足鉄分不足が引き起こす体調不良
  • 下剤は、、身体に必要な電解質や鉄分、ビタミンなども一緒に排泄することになってしまいます。
    貧血が起きたり、身体が思い、だるいなどの症状が現れることがあります。

     

  • 薬がやめられない下剤依存症
  • 自分の便秘に合う薬が見つかると、ついそれに頼ってしまう事が多くなります。
    次第にその回数が増えていくと、依存症という領域に入っていきます。
    そうなると、副作用ももっと大きなものになってしまいます。

     

  • 自分の力で排便できない便秘の悪化
  • 下剤が無いと排便出来ない。そうなると、ますます便秘が悪化します。
    薬も次第に強くなり、回数も量もどんどん増える悪循環になってしまいます。

     

  • 大腸ガンのリスクが増大
  • 下剤依存症に陥ってしまうと、一番恐ろしいのが大腸癌のリスクが跳ね上がることでっす。
    刺激性下剤を長期間使い続けると、腸壁の細胞が硬化し黒ずんできます。
    ちょうど古びたゴムのような状態になってしまうそうです。

     

    これを「大腸メラノース」と言います。
    腸全体の働きを、一気に落としてしまうという、下剤の副作用の中でも最大のものです。
    このメラノースが大腸癌発症のリスクを、著しく上げてしまうのです。

 

 

下剤は飲みたくない!だからこれで自然なお通じを!